スポンサードリンク

鼻緒タイプの大定番ビルケンサンダル! 【ビルケンシュトック】 ギゼ 全9色 schmale[細幅]...
スポンサードリンク

*1/13再入荷♪*ビルケン~KOOSにピッタリ♪【s'habiller】サビエ綿麻3リブソックス【メール便...

サンダルの歴史

ビルケンのサンダルについて紹介していこうと思います。
サンダルというのは、足全体を包まず、紐やバンドなどで足に固定する履物の総称です。古くからある履物の種類で、その材質や形式にも様々なバリエーションが存在します。
現代においてはフォーマルな場で着用されることはまずなく、遊びやレジャー、日常生活の中などをメインとして使用されることが一般的です。また仕事においても、デスクワーク専従者などは、革靴で足がむれるのを嫌ってサンダル履きで仕事をする人も多いようです。
しかしやはりかしこまった場や対面の印象が重視される場などでは敬遠されることが多く、窓口の対応や外交販売員が着用することはタブーとされています。
サンダルの起源は、一般には古代オリエント文明であると言われ、機能や形状の面で現代とほぼ同等レベルのものが完成したのはギリシャ・ローマだったと言います。基本的には温暖な気候をしている地域の履物としてはよく見られ、動物の皮などを使って作られるのが一般的だったようです。
西欧語におけるサンダルの語源は中世後期にまでさかのぼり、ギリシャ語の『サンダリオン』から、ラテン語を経て英語などのラテン系言語へ入ったと考えられています。なお、これは当時の西洋における木靴との対比から生じたものであるとされており、サンダルの語源はサンダル自体の起源と同様に古代アジア地方だろうとされています。

 08ジャンル別年間ランク第3位☆鼻緒タイプの大定番ビルケンサンダル! 【ビルケンシュトック】...

ビルケン「TATAMI」

ビルケンのサンダルの人気の秘訣もまさにこれに関係があります。
ビルケンのサンダルのコンセプトは「自然、癒し、静穏、くつろぎ」となっており、その設計構想にもアジアのライフスタイルに共通する部分が多くあり、アジアの文化を足の裏で体験する事が可能になっています。
とりわけビルケンのサンダルのTATAMIシリーズは接足部分に畳がそのまま使われており、足裏からリラックスをすることが出来るようになっているのです。ビルケンサンダルは解剖学に基づいて開発されており、そのフットベッドから得られる快感は他の製品とは一味違います。
もちろん快適性だけではなく、スタイルにもこだわりを持っているため、見た目にもスタイリッシュでお洒落なサンダルとして街歩きには重宝するでしょう。一般に、ファッション性を追求したサンダルというのは足への負担が大きかったり長時間の歩行には向かなかったりしますが、ビルケンのサンダルは実用性とスタイル、その両方を高いレベルで両立しているといえるでしょう。

ビルケン「ドリアン」

ビルケン ドリアンは可愛いデザイン、耐久性に優れ、履けば履くほど足に馴染むフットベッドなどが評判で大変人気があります。ビルケンドリアンの人気な所はそのデザイン。お洒落で可愛いスタイルが素敵ですよね。履き心地も良く、クロスしたトラップが足にフィットして好評です。
デザインも良く、機能性も良いのがビルケンのドリアンです。名前は可愛い形とはミスマッチのビルケンドリアンですが、発売すれば即完売の人気商品です。
軽量で柔軟、耐久性にも優れていて履けば履くほどに足に馴染むフットベッドを体感するとビルケンのサンダルが病みつきになる事間違いなしです。見た目はバレエシューズのようで可愛いビルケンドリアン。 ビルケンのサンダル、シューズはフィット感が計算された履き心地で人気ですが、ドリアンもビルケンのサンダルの名に恥じない仕上がりです。
ビルキーズブランドの、バレエシューズを彷彿させるフェミニンなドリアンは、ダークブラウン、カーキ、ネイビー、シャンパンホワイトのカラーバリエーションがあります。
クロスしたストラップベルトの部分がお洒落でもあり、足の甲をしっかりホールドしてくれて、安定した履き心地を実現。疲れにくいインソールの使用など、足への影響も配慮されている人気のビルケンBirki's(ビルキー)のドリアンです。

ビルケンのサンダル